群馬県高崎市の呉服専門店:きものサロン逸美|着物、帯、和小物、悉皆

ホーム > ブログ

染織家 笠原博司さんを訪ねて

2018.09.25

暑かった夏も終わりかけた九月上旬、約一年ぶりに宮城県加美郡にお住いの、国画会会員笠原博司さんを訪ねました。昨年お約束をしていた個展開催を来月に控え、最終打ち合わせを兼ねていました。


東北新幹線古川駅から車で小一時間行った、自然豊かな里山に囲まれた田園地帯に「工房 藍學舎」はあります。
物づくりへの頑固さとはうらはらな、穏やかな口調の先生とゆっくりお話をしながら工房まで走りました。


笠原博司さんは松本市の染織家 本郷大二、孝文さんに師事、現在故郷の宮城県にて制作を続ける染織作家です。その作品は展覧会や個展のみで発表されるだけで、問屋さんを通し一般に出回らない稀有な作家です。
平成18年には国画会80回記念賞を受賞。これは10年に一人が受賞できる特別なものです。


まるで蚕が繭をつくるように、ヒソヒソと、手工芸独特のゆっくりとした刻に磨かれながらその作品は作られています。
ファッションとしての美しさはもちろん、体に添う着心地の良さを信条に真摯な取り組まれる生き様に、ただただ敬服いたします。
特に研究テーマとして取り組まれている桜は、「藍學舎の桜色」といわれ評判です。有難いことに、「会期までになんとか織り上げます、、、」と山桜で染められた艶やかな糸がスタンバイされていました。どんな表情の美しい作品になって生まれるのか、楽しみです。


10月19日より21日までの三日間開催させていただく個展では、先生が一年かけて織りためてくださった絵羽、着尺、帯、それぞれ数点をお披露目させていただきます。
また、21日には笠原先生がご来店下さりギャラリートークを開催予定です。

DM制作の為にカメラマンのところへ行っている着物や帯はご覧いただけませんが、先生の織物の一端として、巾着に仕立てられた布をご覧ください!(笑)


どうぞお楽しみに、ご期待くださいませ!

こんな話題どうなの?(笑)腰巻編

2018.05.01

ブログの話題として少々疑問ではございますが(笑)私の必須アイテムをご紹介いたします。

これは10年前に亡くなった母が晩年作りためておいてくれたお手製の正絹の腰巻です。擦り切れた長襦袢や胴裏を解きほぐし繋ぎ合わせ、袷仕立てになっています。ピンクの折鶴柄の生地は、亡くなった夫が結婚前に初めて作ってくれた思い出の長襦袢でした。そのころの私はピンクの淡い暈しの長襦袢しか知りませんでしたから、鮮やかな色、愛らしい柄の長襦袢に感激したことを覚えています。その後ずいぶんと愛用し擦り切れたそれを母が二枚の腰巻につくり変えてくれたものです。二人が亡くなった今も私を温めてくれ、なんだか孤軍奮闘する私を見守っていてくれるような気がしています。

私の場合11月頃から4月までの間、ワンピース型の肌着と長襦袢の間に着用しています。いままでの経過をみますと、毎日着用して約3回の冬で擦り切れてお役御免と相成っておりますので、一般的には一枚あれば一生ものです。

腰の部分や紐の力が入る部分はシンモスを使い、大事なことは正絹の袷仕立て(二重)ということです。表は色柄の綺麗なもの、裏は薄手の胴裏が使われています。化繊とは温かさが断然違いますので、是非お作りになってお試しになってみてください。冬の足元を温める、現代にも活きるささやかな知恵です。

また、使い込まれた愛しい布を大事に使い切る、素晴らしい文化だと誇らしく思っています。

宝物

2018.02.14

きものサロン逸美は小さな店ですから、あれこれと多種多様なニーズには対応できず、

店主の私が自信を持ってご紹介できる本物志向の作品にこだわり品揃えをしております。

しかしながら今日、時代の変化は著しく手工芸としての知識、美意識、価値観をお持ちの着物ファンは減少の道を辿っているのが現状です。

経営者としての日々、「もっと安価なほどほどの品物にシフトすべきかしら、、、」と迷うこともあります。

そんな昨年の暮れ、ひとりの御贔屓さまからクリスマスプレゼントと共に、このようなお手紙を頂戴いたしました。

逸美が現在の高崎駅近くに移転して以来12年間、ずっと変わらぬご愛顧をいただいている、目利きのお客様です。

お仕事帰りにお立ち寄りくださり、「何かないの?」とプレッシャーを与えてくださるお目付け役でもあります。

短い文面ながら、そこには私の苦悩を察した励ましのお言葉がありました。

 

 

「素晴らしい品々を揃えて下さり感謝です。
信じる道をまっしぐらに進んでください。
楽しみにしています。」

日頃よりご信頼下さるお客様の黒子に徹し、お客様の人生が輝くようお力添えさせていただくことを生きがいと努めておりますが、これからもなお一層精進して行こうと励まされた、私の宝物になったお手紙です。

湯本エリ子さんを訪ねて

2013.03.24

まだ寒さの厳しかった一月の月末に、京都から北へ電車で一時間ほど、亀岡にお住いの日本伝統工芸会準会員 湯本エリ子さんを訪ねました。

千代川という小さな駅から車で15分ほど、峠を越えた静かな里山に先生の工房はありました。

 

モダンな山荘のような先生のご自宅前。お迎えに出てくださった先生とパチリ!

 

 

さっそく工房にお邪魔しました。

蒸し以外の作業はすべてご自身でなさるそうです。お弟子さんまかせの先生とは違いますね。

 

 

先生は草花が大好きで、スケッチをなさりに近隣の野山によくおでかけになるそうです。

季節の花のスケッチやデザイン画がたくさん。

その中に大山蓮華を発見!うつむきかげんに咲くその花の美しさに、二人で大盛り上がり(笑)

いつか作品にしたいとたくさん書き留めていらっしゃいました。楽しみです。

 

 

先生の気さくで温かなお人柄にふれ、美しい作品の理由を知った気がします。

そんな先生の作品への想いを、丁寧にお客様にお伝えしていきたいとおもいます。