きものサロン逸美|上質な大人の和装をご提案、群馬県高崎市の着物の専門店

催しもの

きものクリニック

2020/2月15日(土)~17日(月)

会期終了いたしました。
ご来店いただきましてありがとうございました。

過去の催し

逸美スタイル

着物には永い歴史に育まれた
日本の美が息づいています

日常のなかに上質な時間を‥
美しく知的に生きたいと願うきものファンの皆様へ
確かな仕事から生み出される
気品高い着物をご紹介いたします

ちいさなサロンですが
ゆっくりと心地よい時間が流れています

こころ潤う着物との出会いをお楽しみください

サロンの風景サロンの風景

 

ブログブログ

竺仙の浴衣受注会へ行ってきました

毎年、竺仙の浴衣受注会(東京)は一月に開催されます。

年明け間もないさむ~い中、夏の気分になって注文することに例年苦慮します。

「二月の関西発表までは発信しないでね~」と竺仙さんに言われたまま、すっかりアップを忘れてはや三月(笑)

近頃は、手染めのお誂え浴衣の御用がめっきり減ってしまいましたが、昨年試験的に始めて好評だった、きものサロン逸美オリジナルワンピース「quoti」の、今年の新作ワンピの材料仕入もあり、スタッフよしみちゃんと行ってまいりました。

逸美の今年の注目は紙糸ゆかた。経糸を綿、緯糸をマニラ麻から作った紙で織った紙布が発表されていました。竺仙さんも挑戦されていますね。模様も縞を強調したスッキリカッコいいものがありました。

DSC_2992

ここ数年、温暖化による酷暑の影響も多分にあるかとおもいますが、浴衣はどうしても形状からして快適とは言えず、特に大人の浴衣着用率が低下の道をたどっています。

このままでは長板中型染や注染の伝統技術が途絶えてしまう、、、。

そこで、おしゃれなパターンのワンピースにして着ていただくことで、日本の染色文化を残す道を考えてみました。

すでに浴衣地を使ったワンピースは世の中に発信されていますが、イマイチ野暮ったくなりがち。

「quoti」をご覧ください!

肌触りも風通しも良い麻や綿を組み合わせ、大人可愛いワンピースに仕上げました。

浴衣地一反で二枚のワンピースしか作れません。

縫製は、イタリア人某デザイナーのメゾンでお仕事をした経験を持つ人で、美しく丁寧な仕事が自慢です。

 

今年は新しいパターンにも挑戦してみます、おたのしみに!

でも、本格浴衣も忘れないでね~!四月には入荷予定です。

 

過去のブログ

メディア掲載

きものサロン逸美の商品が掲載された
雑誌をご紹介します。

 

もっと見る

サロン案内

オーナー写真
社名
有限会社 逸美
代表
逸見早苗
営業時間
AM11:00〜PM7:00
定休日
毎週水曜日・木曜日
住所
〒370-0052
高崎市旭町25山崎ビル1F
TEL/FAX
027-324-3466
メールアドレス
henmi@kl.wind.ne.jp
駐車場
平和パークをご利用ください
アクセス
高崎駅西口より徒歩2分
地図
google map

お気軽にご連絡ください tel.027-324-3466

お名前
電話番号
メールアドレス
メッセージ
確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください。