群馬県高崎市の呉服専門店:きものサロン逸美|着物、帯、和小物、悉皆

催しもの

和小物さくら 小物マジック

2018/ 9/14(金) ~9/17(月・祝)
11:00~19:00 最終日17:00 

和の装いをより美しく楽しむ、かなめとなる小物を選ぶのはいつでもワクワクします。「和小物さくら」は、京都の職人の技を生かしながら、現代のきものの装いにも合うモダンな感覚のものづくりをしている京都の会社です。
放送中のドラマ「高嶺の花」で石原さとみさんの小物に衣装協力しています。受け継がれた伝統を守りつつ、時代に合ったものを発信する和小物さくらの小物マジックにかかればその装いはより美しく華やかになります。美しいマジックとともに、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

出品品目:帯揚・帯締・草履・バッグ

特別キャンペーン 草履 お値段より2割引
14日~16日 和小物さくらさん来場
コーディネートをご指南いただきましょう。

過去の催し

逸美スタイル

着物には永い歴史に育まれた
日本の美が息づいています

日常のなかに上質な時間を‥
美しく知的に生きたいと願うきものファンの皆様へ
確かな仕事から生み出される
気品高い着物をご紹介いたします

ちいさなサロンですが
ゆっくりと心地よい時間が流れています

こころ潤う着物との出会いをお楽しみください

サロンの風景サロンの風景

ブログブログ

こんな話題どうなの?(笑)腰巻編

ブログの話題として少々疑問ではございますが(笑)私の必須アイテムをご紹介いたします。

これは10年前に亡くなった母が晩年作りためておいてくれたお手製の正絹の腰巻です。擦り切れた長襦袢や胴裏を解きほぐし繋ぎ合わせ、袷仕立てになっています。ピンクの折鶴柄の生地は、亡くなった夫が結婚前に初めて作ってくれた思い出の長襦袢でした。そのころの私はピンクの淡い暈しの長襦袢しか知りませんでしたから、鮮やかな色、愛らしい柄の長襦袢に感激したことを覚えています。その後ずいぶんと愛用し擦り切れたそれを母が二枚の腰巻につくり変えてくれたものです。二人が亡くなった今も私を温めてくれ、なんだか孤軍奮闘する私を見守っていてくれるような気がしています。

私の場合11月頃から4月までの間、ワンピース型の肌着と長襦袢の間に着用しています。いままでの経過をみますと、毎日着用して約3回の冬で擦り切れてお役御免と相成っておりますので、一般的には一枚あれば一生ものです。

腰の部分や紐の力が入る部分はシンモスを使い、大事なことは正絹の袷仕立て(二重)ということです。表は色柄の綺麗なもの、裏は薄手の胴裏が使われています。化繊とは温かさが断然違いますので、是非お作りになってお試しになってみてください。冬の足元を温める、現代にも活きるささやかな知恵です。

また、使い込まれた愛しい布を大事に使い切る、素晴らしい文化だと誇らしく思っています。

過去のブログ

メディア掲載

きものサロン逸美の商品が掲載された
雑誌をご紹介します。

 

もっと見る

サロン案内

オーナー写真
社名
有限会社 逸美
代表
逸見早苗
営業時間
AM11:00〜PM7:00
定休日
毎週水曜日・木曜日
住所
〒370-0052
高崎市旭町25山崎ビル1F
TEL/FAX
027-324-3466
メールアドレス
henmi@kl.wind.ne.jp
駐車場
平和パークをご利用ください
アクセス
高崎駅西口より徒歩2分
地図
google map

お気軽にご連絡ください tel.027-324-3466

お名前
電話番号
メールアドレス
メッセージ